十三夜/紅葉の結び

十三夜のお月さま、ご覧になりましたか。

2022-09-26 12.30.50.jpg


月に見立てたお椀の写真(↑)。カボチャを練り込んだ白玉饅頭。中に鶉肉が入っていて、大変美味でした。 ...ところで、「十五夜」に次いで美しい月とされる「十三夜」。十三夜は旧暦の9月13、14日の月を指しますが、今年は一昨日の晩(10/8)でした。クリやマメの収穫期にあたるので「栗名月」や「豆名月」の別名もあります。ところで、十五夜を愛でたら、十三夜も愛でるのが吉とされるのはご存知でしょうか。十五夜だけ見ることは「片見月(かたみづき)」と呼ばれて縁起が悪い。そしてできることなら、十五夜と十三夜は“同じ場所で見るべき”とのルールもあったそうです。さらに旧暦10月10日の「十日夜(とおかんや)」も愛でれば、さらに運気Up。2022年の十日夜は11月3日にあたります。
.......................................................................................................
●10~12月のスケジュール
10月の花結びは「紅葉」。結び方の難易度としては、12カ月の中では比較的結びやすい方かもしれません。しかしながら、7つの輪をバランスよく配置するのがなかなか難しい。実際のモミジを観察すると、葉が7枚あるのではなく、1枚の葉が掌状に7枚に切れた形をしています(5つに切れたモミジもあります)。花結びでは7つの輪を大中小7つ作り、それぞれ形を整え、先端を尖らせて完成。ですが、バランスを欠くと、写真(↓)のように蜘蛛のような仕上がりとなってしまいます(汗) 志野袋の紐の色ですが、7-12月は通常、紫色の紐で結んでいきます。ですが、モミジは朱の紐で作ると、しっくりいくように感じました。...何はともあれ、何度も結んでバランスを掴みたいものです。精進して参ります。

2022-10-05 14.32.54.jpg


10月20日(木)アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
10月22日(土)アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
11月17日(木)アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
11月19日(土)アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
12月15日(木)アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
12月17日(土)アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30


アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします

この記事へのコメント