7月レッスンご報告/大地の芸術祭

先週(7/21、23)、7月レッスンを開催しました。

IMG_5868.jpg


アロマとハーブ7月レッスンのテーマは「Health and Aroma」〔夏編〕。このレッスンでは日本の暦に即した食養生の話し、季節症やアロマとハーブ活用法などお話しております。今年は7月20日から土用期間に入っております。今夏は丑の日が2度(7/23、8/4)巡ります。ところで、土用の丑といえば「鰻」が有名ですが、土用期間に推奨される食べ物としては「う」のつくものや「黒い」食べ物、といわれます。夏にお勧めの食材とともに、お勧めのハーブ&精油を紹介しました。実習ではマテとホップを扱いました。実は、レッスンでホップを扱うのは初めて。ハーブティ用のドライのホップを用意しておりました。むっとするような独特の香り。ふと浮かんだのは、バレリアンの精油やオミナエシの花。

IMG_5852.jpg


ホップティをさっそく試飲したところ、予想どおり(以上?)に苦味が際立ちました。アーティチョークやゴーヤ茶も苦いですが、湯を注いで抽出時間を取らなくても苦い! ホップといえば、ビール造りにおいて香り付けや泡立ち、苦味の材料に使われています。ほかにもホップを加えると雑菌の繁殖が押さえられるなど、古来、ビール造りに欠かせない植物。さて、実習では柑橘とマテを使った飲み物を作り、2種類の匂い袋を作りました。ベースノートのような深みのあるホップの香りはパチュリなどとも相性がよく、香り全体に奥行きが増すようでした。冒頭の写真は「Mate de Pomelo」と「Mate de Piña」。フィルター付きストロー「ボンビージャ」で潰しながら吸っていただくマテ×フルーツの飲み物。

いかがでしたでしょうか。今月もお疲れさまでした♪
.......................................................................................................
●8~10月のスケジュール
今年も十日町を訪ねました。今年は3年に一度の大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2022が開催中で、田園風景に点在するアート作品を探し、多くの人の姿も見られました。水をはる前の田、水を湛えて空を映す田、稲の葉が青々茂る田、黄金色の田、白一色の田。どの季節に行っても魅力的な場所。蝉が一斉に鳴きだしたこの日。空は分厚い雲に覆われていましたが、大地の緑が空を照らすようでした。次回のアロマとハーブは8月18日(木)と20日(土)に予定しています。8月のテーマは「Beauty and Aroma」〔秋編〕。実習では「ローズマリーの蒸留」を行うとともに、秋へ向かう肌を後押しする基礎化粧品を作ります。十日町であたりまえのように見る植物を使って実習も行います。

2022-07-18 10.17.31.jpg


8月18日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
8月20日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
9月15日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
9月17日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
10月20日(木)アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
10月22日(土)アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30


アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします

この記事へのコメント