6月再レッスン(7/6)ご報告/朝顔と七夕

先日(7/6)、アロマとハーブ6月〔再レッスン〕を開催しました。

2022-07-06 10.32.28.jpg


6月レッスンの全体的なテーマは〔Art & Aromatherapy〕の夏編。レクチャー前半部は梅雨時期の肌トラブルと対策法について。今年は早々に梅雨明けしましたが、その後台風が来たりと、依然、不安定な天候が続きます。“汗ばむ時期になるとあちこち痒くなる!”との声がよく聞かれますので、6月は痒み対策についても紹介しました。後半は話題を変え、「色と香りの話し」。まず「特定の色から連想されるイメージ」を見ていきました。次に「色から想像される香り」についても。これらは、ある会社が行ったアンケート調査を参考にしました。そして「色から想像される精油」を各自書き出してもらいました。写真(↓)は実際に色に対応する精油名を書き出したところ(*一例です)。

2022-06-18 11.23.47.jpg


この方は、赤からイメージする精油が「ベンゾイン」「ローズ」、青からイメージする精油が「カモミールジャーマン」「ライム」「ローズマリー」、黄「カルダモン」「コリアンダー」「フェンネル」、緑「ミント類」「ユーカリ」、ピンク「ゼラニウム」「ローズウッド」、橙「イランイラン」「オレンジ」、紫「サンダルウッド」「ラベンダー」を挙げていました。実習テーマは「贈る香り:夏色の花束、紫陽花」。具体的には扇子のハーブ染めと、扇子用の香水を作りました。ハーブ染めにハイビスカス、バタフライピー、ブルーマロウ、ローズを使用。香水は、それぞれのイメージするアジサイカラーの精油を複数使って、仕上げていきました。なかなか楽しい試みだったと思います♪
.......................................................................................................
●7~9月のスケジュール
写真に写っているもの、何だと思いますか? 四方盆というスクエアの盆に乗っているのは志野流香道で扱う「志野袋」です。志野袋は巾着状で、中には香道で使う香道具を入れています。口の部分に長緒と呼ばれる長い紐があるので、口をぎゅっと絞って紐を結ぶわけなのですが、季節ごとの結び「花結び」があります。7月は... キノコ、ではありません。アサガオヒルガオ科/学名:Ipomoea nil)を横から見た姿を象った結び。そう言われてみると、アサガオに見えてきませんか?? 小学生の頃、学校でアサガオを育てていて、「アサガオは大きい1枚の花びらでできてる」ことを不思議に思っていました。実際、5枚の花弁が融合して1枚の、横から見ると漏斗状のかたちをしています。

2022-07-05 09.40.32.jpg


日本人とアサガオとの歴史は古く、奈良時代末期に大陸より遣唐使が伝えた植物とのことです。種は下剤となる成分を含み薬用植物。漢名を「牽牛子(けんごし)」と呼ぶそうです。七夕に登場するのが「牽牛(けんぎゅう)」。牽牛とは「牛を牽引する」、つまり、牛飼いのこと。牽牛子と呼ばれる由来は、「牛と交換するくらい貴重な薬」「牛車を引いて売り歩く」など、諸説あるようです。先日は七夕でした。毎年、今晩は晴れるかな、曇りまたは雨が降るかな、と天気が気になる日。今年の七夕は午後には晴れ間がのぞき、夜空で牽牛と織女の逢瀬は叶ったのではないでしょうか。その翌日、七夕飾りを片付けていたときに元首相の速報が入りました。ただただ、ご冥福をお祈りするばかりです。

7月21日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
7月23日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
8月18日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
8月20日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
9月15日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
9月17日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30


アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします

この記事へのコメント